年齢による衰えを感じ始める前に始めたいのがエイジングケアです。
エイジングケアで取り入れたい成分の一つにコラーゲンがありますが、その働きについて深く知った上で使っている人は少ないようです。

コラーゲンは元々人の肌に含まれている成分であり、タンパク質の一種なのですが、実は肌だけでなく体のあらゆる所に存在しています。
人の体が作っているタンパク質のうちの約3割がコラーゲンだとされていて、骨に関しては内側の柔軟性をもたせるのに役立ちます。

皮膚にある9種類のコラーゲンの中でもⅠ型・Ⅳ型・Ⅶ型はハリや弾力をもたせるために必要なものです。
表皮と真皮の境に存在する膜の部分にあり、きちんと整った構造になっているとハリや弾力のある美しい状態を維持することができます。

若々しい肌を維持するためには一定の量を維持する必要がありますが、加齢と共に徐々に減少しますので、保つことは困難です。
減ってきてしまったら、外側から補うことを考えなければなりません。

化粧品でケアすることもできますし、サプリメントなどで体内に摂取することも可能です。
分類について確認してみると、Ⅰ型は皮膚に多く存在していて、弾力を高めたり強くしてくれます。
他にも繊維を形成したり、膜型であったり、表皮と真皮をつないだりと様々なタイプがあります。

角質に潤いを維持したい時には、やはりコラーゲンが欠かせません。

分子の大きさによって浸透率が異なりますので、浸透率まで考えて取り入れることが大切です。
基本的に人の肌に含まれているものと近い構造で作られている商品は、親和性に優れていて高い効果を発揮できます。

形態によって保湿のメカニズムが異なることを理解し、気になる商品が見つかったらそこに記載されている成分について調べてみるのもおすすめです。
肌中に含まれるコラーゲンの量は25歳がピークだとされていて、それ以降はどんどん減っていきます。

40歳では半分程度にまで低下しますので、エイジングケアを行わないと衰えが顕著に表れます。
コラーゲンを配合した美容液では「ラメラエッセンスc」などが人気のようですよ。